青梅マラソンレポート 2016.2.24

第50回 青梅マラソン

レースレポート!
暑いとの予報から少し涼しくなったため、長袖アンダーにバイクジャージ+タイツ(加えてウィンドブレーカーと【手袋】←これ大事!佐々木さんthx)の装備。

今年は最後尾よりちょい前でスタート。でもその後は延々と行進。この間MC?瀬古監督の声で選手を応援する声がするものの内容が『もう男はいい、お嬢さんが来て』とか『清原がxxxx』とか『ベッキー寂しそうだったよ』とか良く通る声でなかなかとんでもない応援をしていました。11分位経過してよーやくスタートラインを跨ぎ、本当にスタート。

青梅マラソン スタート地点

今回の大きなミッション過去ハイタッチしたレース(長野、新潟、青梅)は全て完走している高橋Qチャンとのハイタッチ。スタートして1キロちょいで後ろからQチャン来るよの声がありセンターライン付近を走ってくる姿を確認。うまくコース取りして思いがけず早いタイミングでハイタッチに成功!これで真面目に完走を確認しました(笑)。

50回記念大会なので去年より人が多い気がするのは気のせい?ペースが7:30/kmなのでちと焦る(4時間制限のため)。登り下りを繰り返し軍畑の辺りで早くもトップが折り返しで登って来ると1位の選手より声援が大きかったのは川内優輝!いやー初めて生で見たけどカッコ良かった(*^^*)

軍畑を過ぎた辺りから本格的な登りに。。。かなり日差しも強く汗だくになるもののミニペットボトルの水をバイクジャージのポケットに入れておいたおかげで助かりました(バイクジャージは本当に便利&湯山さんthx)。この辺りから折り返しの選手と延々すれ違うので仲間を見つけて声掛けしようと顔あげていたおかげで、思ったよりは楽に感じましたものの単に去年より遅いだけ…あまりの人の多さに見ていて目が回りそうに。。。何人かに声を掛け折り返しに

どんどん下るだけなのに徐々に脚が重ーくなる。加えて徐々に気温が下がり風も吹きドンドン冷えて来る。17km辺りでBORN TO RUNに出て来るタラフマラ族の仮装(白い腰布)の男性と初音ミクの女性。なんと二人とも裸足!!!(o_o;軽やかに抜いて行かれました。

そして一番キツイ軍畑の登りへ。ここでは毎度おなじみのロッキーのテーマを流しながら応援しているおじさんがいます。ペースを落としてゆっくり登ってクリア20.6kmの第二関門をクリア。この後更に寒くなり使うと思わなかった手袋着用。こっからはどんどんペースダウン。そして最後5km手前のだらだら坂(前回はここが一番ツラかった)をクリア。

この先で右の脹脛の筋肉が裏返るような感覚が走り一瞬ドッキリ。更にペースダウン。でもこの辺りから歩いている人が増える。この辺りで悪質な応援。『後3kmだー』←大ウソ、後4kmです。あーゆー応援は一番嫌い(直ぐ後に』標識が出るから分かるけど。知っててやてるのか?知らないのか?(-_-メ ダブン ゼンシャ。。。

でも淡々と走りゴール手前でまたまた右脹脛がぐるり(o_O;まーここまでくれば大丈夫。何とかゴール出来ました。あーでも去年より4分も遅い。。。でも終わってみれば楽しいレースでした(^_^)v

明日走

「青梅マラソンレポート 2016.2.24」への1件のフィードバック

Yukihiro Yuyama にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です