バイクのこぎ方

一般的にトライアスリートはバイクのギアを重たくしてこぐ傾向のあることを指摘されています。自転車競技のみのロードレーサーの方々の基礎練習はペダリングから始まります。つまり回転速度重視のこぎ方が基本中の基本です。もう一度、再認識してみませんか?

自分(湯山)も過去に登り坂での立ちこぎ重視一ヶ月間をやったことがあります。その時は確かに脚力はつきました。しかし、基本はギアを早めに軽い方へ落とし、回転速度で登る。これに尽きます。

はじめから重いギアで踏んでも、後半に足にきてしまい、結局どんどん抜かされるはめになります。トライアスロンではその後にランがあるわけで、足の余力を充分に残さなくては勝負になりません。

ペダリングは一般的なレベルで一分間に80~90回転と言われています。案外早い回転ですよ。

これから、一般的に言われていることを説明してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です