小金井市トライアスロン連合について

小金井市トライアスロン連合は、トライアスロンを通じた市民の健康増進と競技技術の向上と親睦を目的として、トライアスロン愛好家が集い、今年で発足18年目を迎えることとなりました。トライアスロンと言うと、「鉄人」、「3種目の過酷な競技」というイメージが先行しがちですが、実は個々人のレベルに応じて、距離の短い大会やスイムとランを組み合わせたアクアスロン大会等が各地で多数開催されており、今ではより身近なスポーツとして多くの方々に愛好され始めています。

小金井市トライアスロン連合ロゴ

トライアスロンの普及拡大を目指して

小金井アクアスロン大会の様子
私達の活動の大きな柱の一つは、トライアスロンの普及拡大を目的として、主に初心者を対象に東京学芸大学で毎年開催しているアクアスロン(スイム&ラン)大会です。例年200 名もの幅広い世代の方々が参加され、スタッフ手作りで楽しい大会を開催しています。
二つ目が、トライアスロン競技そのものに取り組むチームとしての活動です。月に2~3回程度のペースで練習会を開催。年に3回程度は合宿も行っています。そして仲間と共にトライアスロン大会に参加し、互いの競技レベルを高めるため、楽しい親睦をはかりながら、熱心に活動しています。もちろん、これからトライアスロンを始めたいと思っている方でも参加できます。

メンバーでトライアスロン大会に参加

一緒に活動しませんか

トライアスロンに挑戦してみたいと思っている方、あるいは大会のお手伝いをしてみたいと思っている方は、ぜひ小金井市トライアスロン連合メンバーまでお気軽にお声をかけてみて下さい。トライアスロンを通じて、一緒に活動しませんか。 皆様のご参加をメンバー一同心よりお待ちいたしております。

 

「 トライアスロン競技を愛する者、常にボランティアに感謝し、完走することは彼らへの敬意である。」

小金井市トライアスロン連合 会長 湯山 幸寛(ゆやま ゆきひろ)     ore

 

理事長・チームリーダー:新井 智志(あらい さとし)
niraikanai0117@gmail.com

トライアスロンは完走することに意義がある
憧れのアイアンマン・ハワイ、チャンピオンシップ